トップページ> 消防組合について > 訓練等 > 令和4年度救急技術練成会を実施
各課のお問い合わせ
採用試験
救急病院
住宅用火災警報器の維持・管理
申請書ダウンロード
キッズページ
新型コロナウイルス感染症に係る必要な感染防止策対応状況の公表について
消防組合について
統計・情報公開
宇部・山陽小野田消防組合例規集

令和4年度救急技術練成会を実施

 住民ニーズに対応すべく、医療機関と消防機関の円滑な連携を図るとともに、宇部・山陽小野田・美祢・萩地域メディカルコントロール協議会が中心となり救急技術練成会を実施することで、救急業務の高度化並びに救急に携わる消防職員の知識・技術を向上させることを目的としています。今年度も新型コロナウイルス感染症対策を考慮しつつ、本消防組合のほか、美祢市消防本部及び萩市消防本部も参加して行いました。

開催日時

 令和4年9月29日(木曜日) 13時30分から16時10分まで

開催会場

 山口県山陽小野田市高栄一丁目6番1号

「宇部・山陽小野田消防局 消防訓練研修センター(小野田消防署内)」

参加機関

  •  宇部・山陽小野田・美祢・萩地域メディカルコントロール協議会
  •  宇部・山陽小野田消防組合
  •  美祢市消防本部
  •  萩市消防本部

練成会の内容

 実際の救急現場を想定し、救急隊員相互の連携及び救急救命処置を行い、搬送するまでの一連の活動を実施します。今年は骨盤骨折(循環血液量減少性ショック)及び外傷性気胸の傷病者を想定とし、各消防本部の救急隊が取り組み、活動終了後、宇部・山陽小野田・美祢・萩地域メディカルコントロール協議会会長 藤田 基医師(山口大学医学部附属病院 先進救急医療センター 准教授)と各消防の指導救命士により評価を行い、知識・技術の向上に努めました。

練成会の様子

DSCN4979.jpg

想定付与  

DSCN4980.jpg

救急出場  

DSCN4981.jpg

現場到着・関係者接触

DSCN4996.jpg

傷病者接触・観察・処置

DSCN5022.jpg

救急車内収容・バイタル測定・病院収容連絡・搬送

DSCN5053.jpg

特定行為実施(心肺停止前静脈路確保)

DSCN5062.jpg

活動終了・フィードバック

お問い合わせ

組織名称:宇部・山陽小野田消防局 警防課 救急係

所在地:〒755-0027 山口県宇部市港町二丁目3番30号

電話番号:0836-21-6113