トップページ> 火災予防 > 住宅用火災警報器の設置について
各課のお問い合わせ
採用試験
救急病院
住宅用火災警報器の維持・管理
申請書ダウンロード
キッズページ
新型コロナウイルス感染症に係る必要な感染防止策対応状況の公表について
消防組合について
統計・情報公開
宇部・山陽小野田消防組合例規集

住宅用火災警報器の設置について

 住宅用火災警報器は、就寝中の火災による逃げ遅れを防ぐために、宇部・山陽小野田消防組合火災予防条例で「寝室及び階段(寝室が2階以上の階にあるとき)に、「煙式」の住宅用火災警報器を設置すること」が義務付けられています。
 住宅用火災警報器の設置義務化から10年を経過していますが、未だに設置されていないご家庭が多くあります。家族の命を守るためにも、早期の設置をお願いします。

 また、台所には設置義務はありませんが、設置される場合には誤報を防ぐため、「熱式」の住宅用火災警報器の設置を推奨しています。

住宅用火災警報器設置率(令和4年6月1日時点)

  • 全国           84.0%
  • 山口県           78.2%
  • 宇部・山陽小野田消防局   63%

普及啓発

リンク

 住宅用火災警報器に関するQ&A(総務省消防庁ホームページ)(別ウインドウが開きます)

お問い合わせ

組織名称:宇部・山陽小野田消防局 予防課 予防係

所在地:〒755-0027 山口県宇部市港町二丁目3番30号

電話番号:0836-21-7599