宇部・山陽小野田消防組合

宇部・山陽小野田消防組合

トップページ> 火災予防 > 住宅火災が多発しています
救急病院
申請書ダウンロード
消防局について
宇部・山陽小野田消防組合例規集

住宅火災が多発しています

 本年に入り1月31日までに、宇部市で6件、山陽小野田市で2件、合計8件の火災が発生しており、昨年の同時期と比較して6件も増加しています。

特に建物火災(住宅火災)が8件のうち5件と多発している状態です。

 冬の時期は空気が乾燥し、風の強い日も多く暖房器具等の火を取り扱う機会も多く、火災が増えるシーズンです。

 暖房器具の使用中はもちろん、お出かけ前やおやすみ前に火の元を確認するなど、火の取り扱いには十分注意しましょう。

住宅火災

住宅防火いのちを守る7つのポイント

 住宅火災の発生を防ぎ、火災から命を守るために、総務省消防庁では、「いのちを守る7つのポイント-3つの習慣、4つの対策」として、以下のような防火対策を呼びかけています。

住宅防火いのちを守る7つのポイント
-3つの習慣・4つの対策-

3つの習慣
○ 寝たばこは、絶対やめる。
○ ストーブは、燃えやすいものから離れた位置で使用する。
○ ガスこんろなどのそばを離れるときは、必ず火を消す。
4つの対策
○ 逃げ遅れを防ぐために、住宅用火災警報器を設置する。
○ 寝具、衣類及びカーテンからの火災を防ぐために、防炎品を使用する。
○ 火災を小さいうちに消すために、住宅用消火器等を設置する。
○ お年寄りや身体の不自由な人を守るために、隣近所の協力体制をつくる。

 なお、住宅用火災警報器については、宇部・山陽小野田消防組合火災予防条例において、寝室(寝室が2階以上にある場合は、その階段の上部も)に設置することが義務付けられています。

 

お問い合わせ

組織名称:宇部・山陽小野田消防局 予防課予防係

所在地:〒755-0027 山口県宇部市港町二丁目3番30号

電話番号:0836-21-7599