宇部・山陽小野田消防組合

宇部・山陽小野田消防組合

トップページ> 火災予防 > 消防法施行令等の一部改正(ホテル・福祉施設等)
救急病院
申請書ダウンロード
消防局について
宇部・山陽小野田消防組合例規集

消防法施行令等の一部改正(ホテル・福祉施設等)

平成24年5月13日に発生した広島県福山市のホテル火災では死者7名、負傷者3名、平成25年2月8日に発生した長崎市の認知症高齢者グループホーム火災では死者5名、負傷者7名という惨事になりました。これを受けてホテル・社会福祉施設等に係る消防法施行令等が一部改正され、消防用設備等の設置基準が改正されました。

改正内容

スプリンクラー設備の設置基準の見直し

6項ロ(火災発生時に自力で避難することが困難な者が入所する社会福祉施設等)について、原則として、面積に関係なくスプリンクラー設備の設置が必要となりました。

自動火災報知設備の設置基準の見直し

面積に関係なく自動火災報知設備の設置が必要な防火対象物又はその部分に次のものが追加されました。

  • 5項イ(旅館、ホテル等)
  • 6項イ(病院、診療所等)の内、入院施設のあるもの(有床診療所)に限る。
  • 6項ハ(6項ロ以外の老人福祉施設等)の内、利用者を入居又は宿泊させるものに限る。

消防機関へ通報する火災報知設備に関する基準の見直し

6項ロ又は6項ロ部分が存するものに設ける消防機関へ通報する火災報知設備は、自動火災報知設備の感知器と連動して起動することが義務付けられました。

施行日

平成27年4月1日

既存防火対象物への経過措置期間

平成30年3月31日まで

改正内容詳細

消防法施行令の一部を改正する政令(平成25年政令第368号) (PDF:532KB)

お問い合わせ

組織名称:宇部・山陽小野田消防局 予防課予防係

所在地:〒755-0027 山口県宇部市港町二丁目3番30号

電話番号:0836-21-7599