宇部・山陽小野田消防組合

宇部・山陽小野田消防組合

トップページ> 消防局について > 行事 > 救急の日イベントを実施しました
採用試験
救急病院
申請書ダウンロード
消防局について
宇部・山陽小野田消防組合例規集

救急の日イベントを実施しました

「救急の日」は、救急業務及び救急医療に対する国民の正しい理解と認識を深め、救急医療関係者の意識高揚を図ることを目的に、昭和57年度に厚生省(現在の厚生労働省)によって「9(きゅう)9(きゅう)」の語呂合わせから定められ、以来、9月9日を「救急の日」としています。

日時・場所

山陽小野田市

令和元年9月9日(月曜日) 14時00分から15時30分まで

おのだサンパーク(山陽小野田市中川六丁目4番1号)

宇部市

令和元年9月13日(金曜日) 8時30分から10時00分まで

ゆめタウン宇部(山口県宇部市黒石北三丁目4番1号)

イベント内容

山陽小野田市

おのだサンパークAED設置救急ステーション認定事業所との連携訓練

AED設置救急ステーションとは、多くの人が利用する事業所のうち、救急事案が発生した場合に、消防への通報、適切な救護処置、救急隊の支援・協力を行うことができる事業所です。消防局管内では52事業所が認定されており、認定事業所である「おのだサンパーク」の営業時間内において救急隊と連携訓練を実施しました。

救急車適正利用の啓発活動及び救急車の展示

おのだサンパークセントラルコート付近で、救急車適正利用ポスターの掲示、ポケットティッシュ(チラシ入り)の配布、救急車の展示を行い、救急車適正利用の啓発活動を実施しました。

※山陽小野田市福祉部健康増進課と合同で行いました。

宇部市

ゆめタウン宇部の従業員との連携訓練

「来店者が突然倒れ心肺停止状態に陥った。」との想定で店舗従業員が、初期の観察・適切な119番通報・救命処置(心肺蘇生法・AEDの使用)・救急隊の誘導など、一連の救急活動を実施し、相互の連携強化を図りました。

救急車適正利用の啓発活動及び救急車の展示

ゆめタウン宇部正面玄関付近で、救急車適正利用ポスターの掲示、ポケットティッシュ(チラシ入り)の配布、救急車の展示を行い、救急車適正利用の啓発活動を実施しました。

※宇部市健康福祉部健康増進課と合同で行いました。

イベントの様子

おのだサンパーク

san1.JPG

佐々木業務課長挨拶 

san2.JPG

傷病者発生

san3.JPG

おのだサンパーク従業員による心肺蘇生

san4.JPG

救急隊と協力し傷病者を救急車へ搬送

san5.JPG

中村警防課長講評

san6.JPG

救急車適正利用の啓発活動及び救急車展示

ゆめタウン宇部

yumeta1.JPG

訓練概要の説明

yumeta2.JPG

ゆめタウン宇部従業員による心肺蘇生 

yumeta3.JPG

救急隊へ引き継ぎ 

 yumeta4.JPG

中村警防課長講評

yumeta5.JPG

救急車適正利用の啓発活動

yumeta6.JPG

救急車の展示 

お問い合わせ

組織名称:宇部・山陽小野田消防局 警防課 救急係

所在地:〒755-0027 山口県宇部市港町二丁目3番30号

電話番号:0836-21-6113